top of page
  • 執筆者の写真Kentaro K

【大学受験・私大編】志望校と滑り止め校の決め方と超重要な注意事項あれこれ


キャンパスライフ

第一希望の大学・学部を決める



大学受験は高校受験と違って、大学の「学部」に対して志願をします。


そこで、まずは自分の将来就きたい職業または業種から逆算して、希望の大学・学部を決定しましょう。


大学が決まっていない場合は、大学の前にまず学部です。


河合塾の大学検索システムから、希望の学部を検索軸に、大学を探してみましょう。


⚠️注意


将来の仕事が決まっていないからと、やたらめったらいろんな学部を受ける人がいます。


大学入試では、特に上位校ほど学部のカラーが反映された入試形式になります。


例)経済学部なら経済がテーマの英語長文など


そういう意味で、いろいろな学部を手当たり次第受けるのはお勧めしません。



第一希望の大学・学部の入試方式を決める


大学・学部が決まったら、次は入試科目です。


とはいえ、最近は私大の入試方式が山ほど存在しますね。


全学部統一試験、共通テ利用、英語外部利用などなど、


どこの大学も色々な名称で入試方式を用意しています。


ただ学部ごとにメインとなる入試方式は1つで、募集人数も最も多く設定されています。



募集人数が最も多い入試方式をメインのターゲットにしましょう。


いわゆる大学の個別学部入試です。


滑り止め校と被ることもあるので、試験日もメモっておきましょう。

⚠️注意


全学部統一試験や、共テ利用を第一志望にする人がいます。


が! 私としてはお勧めできません。


全学部統一試験は間口が狭い上に、問題の振れ幅が広く対策が取りづらいところが多いです。


共テ利用は、そもそも共テが難しいので、今や主流ではありません。


予備校の先生や学校の先生は、通過儀礼的に共通テスト受験をおススメしてきますが、


最初から私大と決めているのであれば、受験する必要もありません。


日本大学法学部の例(2023年度入学試験状況(一般選抜)より引用)

第1期、A方式がターゲットとなる。


日大法学部受験の場合の入試方式



入試方式から試験科目を調べる



国語は、現代文のみなのか。古文・漢文も含むのか。


数学は数Ⅱまでなのか、Ⅲも含まれるのか、


などなど、細かいところまで調べましょう。


日本大学法学部A方式第1期の例(2024年度一般選抜試験科目より引用)

日大法学部受験の場合の試験科目

国語は現代文・古文なので、漢文が出題されないことに注意

数学選択の場合、数学の出題範囲についても注意



滑り止め校を決める


第一希望の大学・学部が分かり、


メインターゲットの入試方式が定まって試験科目が判明したら、


同じ試験科目で受験が出来る大学を決めましょう。



河合塾の大学検索システムが便利です。




ここで偏差値-5、-10くらいの2~3校が滑り止め校となります。


⚠️注意


第一志望では古文・漢文を使わないのに、滑り止めで古文・漢文が必要だから勉強するという人がいます。


ハッキリ言ってやめた方がいいです。


滑り止めはあくまで滑り止めです。


滑り止めの勉強のために、第一志望のための勉強時間が削られるのはもったいないです。

⚠️注意


滑り止めを5校~10校受ける人がいます。


ハッキリ言ってやめた方がいいです。


滑り止めはあくまで滑り止めです。というか、5校~10校も受けたら恐らくどこかで日程がバッティングします。


それに、試験で体力も使いますし、勉強をする時間も削られます。


滑り止めはどんなに多くても5つ程度にしましょう。


大学受験について検討する学生


さいごに



大学受験に関しては、利害や権利のしがらみもあり(苦笑)


予備校の先生や学校の先生など、相談する人によってアドバイス内容がガラッと変わります。


色々な情報に振り回されて、


気付けばAO(総合型選抜)も受け、


共通テストも受け、


私大一般もいくつもの入試方式を受け、


オマケに滑り止めも10校も受け、、、


なんてことになりかねません。


大学入試はそんなに生易しくありません。


受ければ受けるほど合格率は下がりますので、


あれもこれもと手を出すと、後悔する結果になります。

(心配性ほど特にそうなります)


選択と集中が何より大事です。


後悔の無い受験生ライフのために、この記事がお力になれれば嬉しいです。


---


東京都品川区・川崎市幸区で塾をお探しの方、

是非一度WEBパンフレットをご覧ください!


ITTO個別指導学院は、

・英検&漢検などの検定対策、

・中学&高校&大学受験、

・定期テスト対策、

・長所を伸ばす・弱点克服のカリキュラムなど、

一人ひとりの課題に寄り添って、指導を行なっております。


◾️品川戸越銀座校

住所:品川区戸越2-7-2

TEL:03-5749-3651


◾️品川東海道校

住所:品川区南品川2-8-14

TEL:03-5781-0775


◾️川崎南加瀬校

住所:南加瀬2-37-1

TEL:044-201-9047

閲覧数:8回

Comments


bottom of page