top of page
  • 執筆者の写真Kentaro K

通知表の評価はどう決まる?中学校の成績システムを解説


学校の教室の様子

公立中学校の成績のつけ方はご存知でしょうか?


公立高校の受験といえば、内申点が大きなウェイトを占めます。

通知表の評価は非常に重要なものとなっています。


では、通知表の評価はどのように付けられているでしょう。

実際のところは、あまりご存知でない方も多いかと思います。


実は2022年度から評価方法が統一されています。


実際の成績のつけ方


1科目につき、3つの評価項目となっています。

それぞれ、次の通りです。


  • 知識・技能

  • 思考・判断・表現

  • 主体的に学習に取り組む態度


「知識・技能」「思考・判断・表現」に関して

 ・・・主に定期テストや小テストで評価が決められます。

「主体的に学習に取り組む態度」に関して

 ・・・授業態度(授業中の発言含む)や提出物(の出来具合)で評価が決められます。

※いわゆる昔の「関心・意欲・態度」ですね。



  • 知識・技能

  • 思考・判断・表現

  • 主体的に学習に取り組む態度


この3項目に対して、A・B・Cの評価がされ、

そのA・B・Cの評価の組み合わせで1~5の内申点がつけられます。

※一部地域ではA°・A・B°・B・C°・Cの評価


言葉ではなかなか伝わりにくいと思いますので、

実際の通知表の画像をご参照ください。


中学校の通知表のイメージ

※画像はイメージです。


また、1~5の内申ではA・B・Cの組み合わせにある程度パターンがあります。

こちらも以下の表をご参照ください。


評定を決める観点別評価のパターン

5を取りたければオールAが必要です。

また、Cが1つでも入ってくると2や1になる可能性が高まるということです。



評価方法の変化

評価方法に関しても、昔は「相対評価」という評価方式が用いられていましたね。

相対評価は、学年で5がもらえる人数は◯人、4がもらえる人数は◯人・・・という風に、人数が決められていました。


しかし、平成14年から「絶対評価」という評価方式が用いられています。

絶対評価では5がもらえる人数は◯人という風に、人数の上限を設けていません。

その子の学習状況のみで成績を判断します。


例えば英語で、全生徒が提出物をきちんと出し、授業態度もバッチリ、小テストも定期テストも満点だった場合、全員揃って5になる、という評価方式となっています。


相対評価によって、「他の子と比較する」必要がなくなりました。

しかし、平均点の高低に関係なく評価がされることになりました。


聞こえは良いですね。

ただ、品川近辺では特に英語・数学のテストの平均点が低いです。

そのため、平均40点のテストで70点を取っても、相対評価ではなく絶対評価で「3」をつけられるという事態が頻発しています。

「絶対評価にするならば、学校間でテストの難易度が変わるのはおかしい」という声もあり、一長一短な部分は否めません。


通知表をもらって喜ぶ生徒


主体的に学習に取り組む態度の重要性


さて、話を元に戻します。

通知表の評価で「主体的に学習に取り組む態度」がありました。

これは先ほどお伝えした通り、いわゆる「授業態度」です。


授業態度さえ良ければ、「1」は絶対につきません。

テストの点数が10点とか20点でも、授業中に先生の話を聞いて、発言もして、提出物もしっかり出していれば「2」はつきます。

しかし逆に、授業態度が悪いと、いくらテストで良い点数を取っても「4」すらもらえません。

※うちの塾では、この項目にCがついている場合、入塾をお断りする場合があります。成績が伸びにくいためです。


受験を意識するのであれば、

即効性があり・誰にでも改善可能な「主体的に学習に取り組む態度」は絶対にAを取りたいところです。


しかし、中には性格的に内気なため、授業中に積極的に発言をするなどがしにくい子もいるでしょう。

そんな子に裏技を伝授しておきます。


授業中に手を挙げる活発な生徒


主体的に学習に取り組む態度でAをもらう裏技

  • 授業中の発言について

 授業中に発言をすることが難しければ、授業後に先生に質問をしに行ってください。

 どんな小さなことでも良いです。授業中に分からないところをメモっておいて、先生に質問に行きましょう。

  • ノートなど提出物について

 可能な場合、提出期日より少し前に提出することを心がけましょう。

 見てくれる先生の目を意識して、「綺麗な字で」「カラフルに」提出物を仕上げましょう。

 また、先生が板書したこと以外に話していた「重要なこと」をノートの端にメモしておくのも大切です。

  • 先生のお手伝いを積極的にしましょう

 プリントの配布や実験器具の準備など、先生の手伝いを率先して行いましょう。

  • 目標を宣言しましょう

 「~高校に行きたいので、この科目では絶対に5を取りたいんです!」と目標を宣言することも、やる気を見せることになります。


まとめ

東京都立入試では内申の割合が3割もあり、志望校や滑り止め校を選ぶ基準にもなります。

また、受験で使う内申点は全学期との総合点ということもあります。

(受験のため、というのもおかしな話ですが・・・)

日頃から「やるべきことを、丁寧に」を心がけることがとても大切ですね👍


---


東京都品川区・川崎市幸区で塾をお探しの方、

是非一度WEBパンフレットをご覧ください!


ITTO個別指導学院は、

・英検&漢検などの検定対策、

・中学&高校&大学受験、

・定期テスト対策、

・長所を伸ばす・弱点克服のカリキュラムなど、

一人ひとりの課題に寄り添って、指導を行なっております。


◾️品川戸越銀座校

住所:品川区戸越2-7-2

TEL:03-5749-3651


◾️品川東海道校

住所:品川区南品川2-8-14

TEL:03-5781-0775


◾️川崎南加瀬校

住所:南加瀬2-37-1

TEL:044-201-9047

閲覧数:17回

Comments


bottom of page